BBCとは

BBC(ボディバランス・コミュニケーション)は、(株)身体科学研究所代表の山﨑博通が考案した全く新しい身体技法です。

楽しく転がりながら大地―宇宙―人とコミュニケーションを図り、心と体を一つにしていきます。

自分と他者、自分と「ほんとうの自分」、また自分と「宇宙」とコミュニケーションを取りながら、「全てはひとつ」という真理を体を通して体感できる、不思議で面白い修養法です。

「転がる」と、嬉しいことがどんどん起こる

BBCの特徴的なワークの一つとして、「転がる」という動きがあります。文字通り、コロコロと転がるのです。

初めて参加してもらった人に試してもらうと、大抵はおっかなびっくり、体を固めながら転がります。

ですが、幼稚園くらいの小さなお子さんになると、何の抵抗もなくコロコロと転がるのです。当たり前のようにコロンと転がって、すぐに起き上がる。

小さな子供は固定概念もなく、素直で、そのために多くのことをすぐに吸収することが出来ます。

転んで泣いていても、次の瞬間にはケロッとして遊び始めます。

そんな柔軟性が、大人になってしまうと、気が付けば失われているわけです。

試しにコロコロと転がってみると、まさに子供のころのような純粋な気持ちが湧き上がってきて、なぜか笑いが込み上げてきます。

転がるということは、大地とコミュニケーションを取るということ。大地からエネルギーをもらうということです。

転がって、起き上がる。

転がっては、また起きる。

これを繰り返していくだけで、心の内面でも、「失敗してもまた起き上がればいい」という前向きなしなやかさが生まれてきます。

また、体も心も大きくほぐされて気持ちよく癒されますので、自然と自律神経のバランスも整ってきます。なんだか最近体の調子が良い、という状態になってくるのです。

まさに、転がるだけで、心にも体にも嬉しいことがどんどん起こってくるという、とても理にかなった身体技法なのです。

目に見えない大きな存在とも繋がれる

BBCでは、二人一組で互いに手をとりながら、心と体のコミュニケーションをとってもらいます。

最初は互いの関係がぎこちなくても、コロコロと転がっていくうちに楽しくなり、相手との壁が無くなっていくのです。

これを我々は、「調和力」と呼んでいます。

目には見えないけれど、二人の間に「調和力」という不思議な力が働いて、気が付けば仲良くなってしまうのです。

こういう力を、BBCの中で多く体感してもらいますので、BBCを行っていくにあたって「かみさまになろう」と皆さんに提案しているのです。

とは言っても、特別な存在になるということではありません。

むしろ、自分自身の本来の在り方を思い出してもらうのです。

どれだけ科学が進歩しても、結局、私たちは「生かされている」存在であることには変わりありません。

心臓を動かしているのも、食べ物を消化して吸収するのも、また怪我をしても傷が自然と治るのも、全て目に見えない働きのおかげです。

仕事で行き詰った時に運よく助けが現れたり、悩んでいる時に素晴らしいメンターに出会えたりするのも同じです。

人生を豊かにし、幸せを運んでくれるのは、全てそういった力が周りに満ち満ちているから。

それならば、再びその力の可能性にフォーカスしてみませんか?

それが、「かみさまになろう」という言葉の意味であり、BBCの目的です。

私たち自身は、誰もがもともとはそういう調和力、自然治癒力を持ち合わせた存在です。

つらいトラウマがあったとしても、それを成長していく糧にさえ出来る。

クヨクヨ悩んでいたことが、転がっているうちにどうでも良くなってしまう。

そんな力を味方につけるのが、BBCなのです。