仏陀の系譜

世界中に様々な瞑想の実践法があって、どれが自分に合っているのか迷うことがあります。

ここでは「仏教」の伝統につらなるやり方をお伝えしています。

 

年月に研ぎ澄まされた伝統

ひとくちに“瞑想”と言っても、実に様々なものが紹介されています。それぞれに長所短所はあると思いますが、我々の仏教瞑想は特に「健康」「長寿」そして「心の平安」に強力な効果を発揮します。

2500年の永きに亘って伝えられ、磨き上げられてきた伝統の技法は重厚で確実です。

世界標準

日本に伝わるものだけでなく、世界の仲間達と繋がろう。ちいさな枠に囚われず、世界の基準でものを見よう。

その理念の上「何も否定しない」「すべてに優劣をつけない」と言うのが我々のやり方です。運営団体である国際仏教伝道協会「寳幢会」には、日本の僧侶はもちろん、ミャンマーやチベットのお坊様方もたくさん関わって下さっています。それぞれが伝えて下さる、それぞれの方法を、自分に合うように学んでもらえる。それがわたしたちの理想です。

宝幢メソッド

すべての瞑想法の基礎として、寳幢寺住職の龍源師が開発したのが「宝幢メソッド」です。

日本の密教を核に、南方上座部やチベットの伝統を研究し、はじめての方にも無理なく、危険なく、しかも強力な作用で効果を実感して頂ける様に工夫された瞑想のテクニックです。

まずはこれに習熟することにより、南方系のマインドフルネス、ヴィパッサナーやチベット系統の瞑想法、さらには密教の高度なものまで、無理なく確実に進むことが出来るでしょう。